保育士になりたいなら就職率の高い専門学校へ

main-img

現在、保育士不足が叫ばれています。

現に多くの保育所では職員の確保にてんてこ舞いのところもあります。


保育士が揃わないことにはお子さんを定員まで預かることができません。
保育士の資格を取るには専門学校、短大、大学、自分で国家試験を受けるという方法があります。まず、国家試験については、自分で通信制の学校や講座をとり、勉強をして試験に臨みます。

この試験はかなり難しいと言われています。
筆記の他、実技は音楽か図画を選択することができます。

短大でも保育士資格は取れますが、仕事に直結するのは専門学校の方が強いです。
専門学校の場合、求人がたくさん集まること、良い職場を見つけやすいこと、就職が学校の目的でもあるので親身になってサポートしてくれることが挙げられます。
短大よりも就職率が良いのは、目的意識の高い生徒が集まりやすいからとも言われています。

目的別の保育士の専門学校の様々な情報を掲載しています。

専門学校を探す際には、就職率などもチェックしてい置くと良いでしょう。また、専門学校の講師の中には自分で本を書いて出版したり、雑誌に出ている方も多いので、講師を見て学校を選ぶことも一つの目安になります。

YOMIURI ONLINEについてお答えします。

保育士はお子さんたちの命を守り、健やかに成長できるようにサポートする仕事です。



また、お子さんたちだけではなく保護者の相談などを受けることもあります。保育のプロという自覚をもって働くことができるような人になるためにはどこの学校に行けばよいのか、十分にリサーチをしましょう。

資格をもっと知る

subpage1

保育士になる方法は様々あり、国家試験を受験しなくても就職できる場合があります。高校卒業が前提条件で、その後は実務経験コースと進学コースのどちらか一方を選択することになります。...

more

資格コラム

subpage2

保育士養成課程のある専門学校は、2年制の場合で卒業までに180万円から200万円、3年制の場合で250万円から300万円の費用がかかります。しかし、これらの費用の約2分の1の費用を調達する裏技が存在しています。...

more

納得の事実

subpage3

現在、全国的に保育士が足りなく待機児童はどんどん増え、働きたくても働けない女性が数多くいます。また無認可保育園では有資格者を確保できずいろいろな問題がおきています。...

more

資格の秘密

subpage4

保育士の専門学校には、経済的な理由で入学を迷っている学生のために、奨学金制度が用意されています。奨学金制度を活用すれば、卒業までに必要となる約200万円の学費を支払うのが難しいために、入学を諦める必要はなくなります。...

more